働き方改革が施行された背景

日本では2019年から働き方改革が施行され、どなたでも副業がおこなえる環境となりました。なぜ日本で働き方を見直されるようになったのか、その背景を簡単に見ていきましょう。国内では超高齢化という社会現象がおこっており、年金受給金額と掛け金の割合が合わなくなりました。現在30歳の方が将来に年金を受け取れない事態に直面をしており、現役世代の間に預貯金を増やせる環境を整備することが重要になったわけです。そこで個人一人ひとりの収入を増やせるように政府が動き、空き時間などを活用して副業に挑めるようになりました。世帯年収の増収を掲げた改革で、今後は定年制の撤廃もこの働き方改革に取り入れられる見込みとなっています。